photo
    (最終更新日:2017-10-27 13:43:45)
  ソウマ ハナエ   
  相馬 花恵
   所属   心理学部 所属
   職種   講師
■ 主要学科目
発達心理学 子育ての心理学 乳幼児期の臨床
■ 現在の専門分野
キーワード:発達心理学,臨床心理学 
■ 学歴
1. 2004/04~2008/03 早稲田大学 第一文学部 総合人文学科心理学専修 卒業
2. 2008/04~2010/03 早稲田大学 文学研究科 心理学コース 修士課程修了 修士(文学)
3. 2010/04~2013/03 早稲田大学 文学研究科 心理学コース 博士課程単位取得満期退学
4. 2013/05/22
(学位取得)
早稲田大学 博士(文学)
■ 職歴
1. 2012/10~ 東京都児童相談センター 治療指導課 療法講師
■ 所属学会
1. 2008/04~ 日本教育心理学会
2. 2010/04~ 日本健康心理学会
3. 2010/04~ 日本自律訓練学会
4. 2011/04~ 日本発達心理学会
5. 2011/10~ 日本子育て学会
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~  育児期の母親に対するマインドフルネス・ヨーガの効果検討 個人研究 
2. 2013/04~  虐待を受けた子どもに対するマインドフルネス・ヨーガの効果検討 個人研究 
3. 2015/04~  不適応感を抱く子どもおよびその養育者への支援 国内共同研究 
4. 2017/04~  児童に対するストレス・マネジメント・プログラムの効果検討:小児精神保健機関での実践 国内共同研究 
■ 著書・論文歴
1. 著書  ステップアップ心理学シリーズ 心理学入門―こころを科学する10のアプローチ― (共著) 2017/07
2. 論文  否定的-肯定的自動思考の生起傾向と出来事評価との関連―新しい自動思考測定尺度を用いた縦断調査― (共著) 2017/02
3. 論文  トラウマを抱えた児童を対象としたヨーガの意義―マインドフルネスにおける「受容的な気づき」を重視したヨーガ実践― (共著) 2016/12
4. 論文  ネガティブ状況下における否定的自動思考―その内容と生起頻度が抑うつに与える影響― (共著) 2016/03
5. 論文  母親を対象としたマインドフル・ヨーガの効果検討―KJ法に基づく質的分析を通して― (共著) 2016/03
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2008/10 児童に対する自律訓練法の適用とその効果―視覚的イメージを使って―(日本教育心理学会 第50回大会)
2. 2010/08 母親の不安にマインドフルネスが与える影響の検討―理想と現実の差異に着目して―(日本教育心理学会 第52回大会)
3. 2012/09 マインドフルネスの新たな適用可能性を探る(日本心理学会 第79回大会)
4. 2013/08 Mindful yoga for mothers: Focus on the discrepancy between ideals and actualities of child rearing(The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference 2013 Tokyo)
5. 2013/12 被虐待児へのヨーガプログラムの試み―生活の中で,「今ここ」を生きる力を育成するために―(日本子ども虐待防止学会 第19回学術集会信州大会)
全件表示(17件)
■ 講師・講演
1. 2015/08 事例に学ぶマインドフルネスの適用と工夫―虐待の影響によりPTSD症状を呈する子どもたちへのマインドフルネスの適用とその工夫―
■ 受賞学術賞
1. 2012/09 第35回日本自律訓練学会 第13回池見研究奨励賞受賞
■ 資格・免許
1. 2015/03/20 精神保健福祉士