photo
    (最終更新日:2017-09-19 18:09:08)
  イイダ ユカコ   
  飯田 悠佳子
   所属   現代文化学部 所属
   職種   講師
■ 主要学科目
発育発達とスポーツ,学校保健,救急処置法
■ 現在の専門分野
身体教育学 (キーワード:発育発達) 
■ 学歴
1. 2000/04~2004/03 早稲田大学 人間科学部 スポーツ科学科 卒業 学士(人間科学)
2. 2004/04~2006/03 早稲田大学 人間科学研究科 人間科学専攻 修士課程修了 修士(人間科学)
3. 2006/04~2009/03 早稲田大学 スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2010/01
(学位取得)
早稲田大学 博士(スポーツ科学)(スポーツ科学)
■ 職歴
1. 2009/04~2012/03 早稲田大学 スポーツ科学学術院 助手
2. 2012/04~2014/03 独立行政法人 精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 児童思春期・精神保健研究部 流動研究員
■ 所属学会
1. 2004/10~ 日本臨床スポーツ医学会
2. 2005/01~ 日本発育発達学会
3. 2011/08~ 日本体力医学会
4. 2012/05~ 日本児童青年精神医学会
■ 委員会・協会等
1. 2014/06/24~ 所沢市児童生徒体力向上推進委員会 委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2015/03  身体活動による子どもの睡眠の質改善効果の検討 若手B 
2. 2014/04~  発達特性が運動・スポーツの実施に及ぼす影響 個人研究 
■ 著書・論文歴
1. 論文  児童の関節弛緩性(第1報):スポーツにおける受傷経験との関係 (共著) 2016/12
2. 論文  野球選手におけるスポーツ外傷・障害と全身関節弛緩性との関係 (単著) 2016/07
3. 論文  前思春期男女児童の日常身体活動の特性と視覚性Go/Nogo課題応答性 (共著) 2010/02
4. 論文  国内の大学アメリカンフットボールチームにおける脳震盪評価法の検討 (共著) 2007/04
■ 社会における活動
1. 2014/05 駿河台大学・飯能市共催 市民の大学「ライフステージと運動-子どものからだと健康-」
2. 2014/08 名古屋女子大学・ひまわりセミナーにおける講演「-スポーツ・運動の視点からみた -生活安全の取り組み」
3. 2017/02 所沢市富岡中学校校内講演会「睡眠と学習・運動」講師
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2014/04~ 演習授業における学内外での実践型学習
2. 2015/04~ アクティブラーニングを促す3つの“仕掛け”を用いた教育の実践
■ 学会発表
1. 2013/03 我が国の一般児童・生徒における自閉症的行動特性と"不器用"との関連性(第11回日本発育発達学会)
2. 2013/06 The effects of acute exercise on sleep in children(17thAnnual Congress of the European College of Sport Science Congress.)
3. 2013/10 児童における自閉症的行動特性と不器用との関連性(第54回日本児童青年精神医学会総会)
4. 2017/01 "子どもの体力"について考える-体力の低い子どもに注目して-(日本発育発達学会 月例研究会)