(最終更新日:2017-05-11 17:10:52)
  ヤギ マナミ   
  八木 真奈美
   所属   グローバル教育センター 所属
   職種   教授
■ 主要学科目
日本語Ⅰ、日本語Ⅲ、日本語演習Ⅰ・Ⅱ
■ 現在の専門分野
日本語教育学 
■ 学歴
1. 2001/04~2003/03 大阪大学 文学研究科 修士課程修了 文学修士(日本語教育)
2. 2003/04~2007/03 大阪大学 文学研究科 博士課程修了 文学博士(日本語教育)
■ 職歴
1. 1994/04~2000/03 東京工業大学留学生センター 非常勤講師
2. 2007/04~2010/03 相愛大学人文学部 非常勤講師
3. 2007/10~2010/03 大阪大学日本語日本文化教育センター 非常勤講師
4. 2007/10~2008/03 龍谷大学留学生別科 非常勤講師
5. 2009/07~2010/03 大阪大学文学研究科 大学等非常勤研究員
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 1994/04~ 日本語教育学会
2. 2004/04~ 日本質的心理学会
3. 2010/09~ 異文化間教育学会
■ 委員会・協会等
1. 1996/04~1997/03 埼玉県加須市国際交流協会 国際交流委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2011/03  外国人の母親の日本語学習および生活支援の実態調査 その他の補助金・助成金 
2. 2011/04~2013/03  多言語共生社会における移住女性の声の発信と社会参加の制度化に関する実践的研究 挑戦的萌芽研究 
3. 2013/04~2014/03  移住者の就労並びに社会参加をめざす日本語プログラムの構築とリソース開発 その他の補助金・助成金 
4. 2014/05~2018/03  移住者の声を基にした地域日本語学習教材の開発ー「参加」と「発信」の実践的研究 基盤研究C 
5. 2014/05~2015/03  外国語教育の動機付けに注目した多言語交流授業とその発信の試み その他の補助金・助成金 
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  質的研究の認識論-言葉を使う人間とその世界を理解するために- (共著) 2015
2. 著書  人によりそい、社会と対峙する日本語教育ー日本社会における移住者のエスノグラフィーから見えるもの (単著) 2013
3. 論文  大学における教室を超えた言語学習を目指す実践の試み (単著) 2016
4. 論文  日本語leanerから日本語userへ―ある移住者のナラティブから― (単著) 2016
5. 論文  ナラティブとの融合が示すエスノグラフィーの展開 (単著) 2015
全件表示(14件)
■ 社会における活動
1. 2013/03 人によりそい、社会と対峙する日本語教育研究会代表
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 1999/03 留学生対象日本語研修コースのための教材集
2. 2003/04~2010/03 大学院生ならびに研究員のためのユニット型日本語教材の作成
3. 2012/04 「使って学ぶ日本語」Webサイトの開発
4. 2012/04 「使って学ぶ日本語ポートフォリオ」の作成
■ 学会発表
1. 2003/03 日本語学習者の日本社会におけるネットワークの形成とアイデンティティの構築(日本語教育学会研究集会)
2. 2006/10 定住外国人が日本語を使って生活する場で何が起こっているか(日本語教育学会秋季大会)
3. 2008/05 『生活者としての外国人』とは誰か -『見える学習者』と『見えない生活者』(日本語教育学会春季大会)
4. 2008/12 『生活者としての外国人』と中国語を媒介とする共同体(多言語社会研究会研究大会)
5. 2009/03 大学における研究者及び家族のためのコースと地域日本語教育の共通点(日本語教育学会研究集会)
全件表示(17件)
■ 講師・講演
1. 2004/10 母語教育の大切さと家庭での取り組みについて(門真市立水島小学校・大阪府)
2. 2009/05 日本語教師って何やねん!?(大阪市立南高等学校・大阪府)
3. 2010/12 私から始まる質的研究(早稲田大学・東京都)
4. 2011/06 ケースで考える多様な学習支援(早稲田大学・東京都)
5. 2012/07 日本語と社会(東京工業大学・東京都)
全件表示(17件)
■ 担当経験のある科目
1. 質的研究方法(桜美林大学大学院)
2. 日本語科目 初級〜上級(駿河台大学,早稲田大学,大阪大学,龍谷大学,東京工業大学)
3. 日本語教育学概論/入門(早稲田大学)
4. 日本語教授法(相愛大学)