photo
    (最終更新日:2017-08-11 22:36:02)
  サタケ ヨシホ   
  佐竹 由帆
   所属   現代文化学部 所属
   職種   准教授
■ 主要学科目
英語Ⅰ 観光と外国語(英語) イギリス文学
■ 現在の専門分野
英語学, 外国語教育, 各国文学・文学論 (キーワード:コーパス言語学、英語教育、英米・英語圏文学) 
■ 学歴
1. アストン大学 修士課程修了 修士(TESOL)(英語教授法)
2. 青山学院大学 博士課程単位取得満期退学
3. 早稲田大学 卒業 学士(文学)(文学)
4. 早稲田大学 修士課程修了 修士(文学)(文学)
5. 東京外国語大学 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 攻玉社中学校
2. 桜蔭中学校
3. 獨協大学 経済学部
4. 青山学院大学 文学部
5. 順天堂大学 医学部
■ 所属学会
1. アナイス・ニン研究会
2. 英語コーパス学会
3. 岩崎研究会
4. 大学英語教育学会
5. 2010/04~2016/03 ∟ 財務委員
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 2007/04/01~2010/03/31 大学英語教育学会(JACET)関東支部月例研究委員会 委員
2. 2007/04/01~ 大学英語教育学会(JACET)関東支部研究企画委員 委員
3. 2009/04/01~ 大学英語教育学会(JACET)関東支部大会実行委員会 委員
4. 2010/04/01~2016/03/31 大学英語教育学会((JACET)関東支部財務委員会 委員長
5. 2016/04/01~2018/03/31 大学英語教育学会(JACET)第56回国際大会組織委員会 委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2016/03  日本人英語学習者の形容詞コロケーションはなぜ不自然なのか 基盤研究(C) 研究協力者 
2. 2015/04~2019/03  英語学習者のライティング力構成要素に関するモデルの構築 基盤研究(C) 研究分担者 
3. 2016/04~2019/03  英作文の誤り修正に対するコーパス使用の効果検証 基盤研究(C) 研究代表者 
4.   英文エッセイ執筆時のコーパス使用の効果検証 個人研究 
■ 著書・論文歴
1. 論文  The effects of using corpora on revision tasks in L2 writing (共著) 2014/05
2. 論文  Comparison of Dictionary use and corpus use: Different effects on learning L2 phrases (単著) 2015/06
3. 論文  Customizing usage notes on common collocation errors: a learner corpus-based study (単著) 2013/08
4. 論文  Verb-Noun Collocations and Combinations in the Corpora of Japanese English Learners (単著) 2015/01
5. 論文  A Corpus-driven Vocabulary Analysis of Authorized English Textbooks for High Schools and the English Examinations for Entrance to Japanese Universities (単著) 2013/02
全件表示(26件)
■ 社会における活動
1. 2015/03~2015/05 International workshops and online survey
2. 2015/07 出張講義(山梨県立巨摩高等学校)
3. 2015/11 出張講義(東京都立東村山高等学校)
4. 2016/03 出張講義(長野県立長野南高等学校)
5. 2017/06~ 公益社団法人私立大学情報教育協会 サイバーFD研究員
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2001/04/01~ 学習者中心の学習者参加型授業
●作成した教科書、教材
1. 2013/10 投野由紀夫著『マンガで覚える英単語・フレーズ』(イースト・プレス)の解説の一部
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2013/08~2014/03 中学校英語教科書のタスクのCEFR-Jレベル別分類
■ 学会発表
1. 2000/12 Anaïs Nin-”To write as a woman.”をめざした女性の苦闘(日本ヘンリー・ミラー協会第9回大会)
2. 2002/07 母/ 「家庭の天使」からの解放-『燈台へ』におけるリリー・ブリスコウとラムゼイ夫人(日本ヴァージニア・ウルフ協会第86回例会)
3. 2003/11 新たな関係性の起源としてのレズビアニズム-「存在の瞬間-<スレイターのピンは先がとがってないのよ>」を中心に-(日本ヴァージニア・ウルフ協会第23回全国大会)
4. 2003/12 House of Incestにおけるからだ(日本ヘンリー・ミラー協会第12回大会)
5. 2005/06 Anaïs Ninにおける権力とセクシュアリティーの関係(アメリカ学会第39回年次大会)
全件表示(21件)
■ 担当経験のある科目
1. Academic Listening Strategies Ⅰ(獨協大学)
2. Academic Reading StrategiesⅡ(獨協大学)
3. Academic Skills(青山学院大学文学部)
4. Academic Writing StrategiesⅠ・Ⅱ(獨協大学)
5. English for Medicine Ⅰ・Ⅱ(順天堂大学医学部)
全件表示(24件)
■ 資格・免許
1. 実用英語技能検定1級
2. 中学校・高等学校専修教員免許(英語)
3. 通訳案内士(英語)
■ メールアドレス
  kyoin_mail