photo
    (最終更新日:2017-11-12 09:30:58)
  コバヤシ ショウキ   
  小林 将輝
   所属   現代文化学部 所属
   職種   准教授
■ 主要学科目
観光と外国語Ⅰ(多言語)
■ 現在の専門分野
ドイツ文学, 比較文学, 観光学 
■ 授業科目
1. プレゼミナールⅠ
2. プレゼミナールⅡ
3. 現代文化基礎講座Ⅰ
4. 現代文化基礎講座Ⅱ
5. ドイツ語ⅠA
全件表示(14件)
■ 学歴
1. 1992/04~1996/03 筑波大学 第二学群 比較文化学類 卒業 学士(文学)(ヨーロッパ語系文学)
2. 1997/04~1999/03 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学 修士課程修了 修士(学術)(学術)
3. 1999/04~2005/03 東京大学大学院 総合文化研究科博士課程 超域文化科学 博士課程単位取得満期退学
4. 2000/10~2003/06 Paderborn Universitaet,Graduiertenkolleg "Reiseliteratur und Kulturanthropologie" 博士課程留学
■ 職歴
1. 2010/04~ 駿河台大学 現代文化学部 現代文化学科 准教授
■ 所属学会
1. 2000/04~ 東大比較文学会
2. 2000/04~ 日本独文学会
3. 2008/07~ 学習院大学ドイツ文学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1999~  ドイツ語圏の旅行記に関する研究 個人研究 
2. 2005~  グリム兄弟の伝記的事項に関する研究 個人研究 
■ 著書・論文歴
1. 著書  昔ばなし大学ハンドブック (共著) 2016/04
2. 著書  グリム童話の旅―グリム兄弟とめぐるドイツ (単著) 2014/08
3. 論文  スポーツを語ることば : スポーツを通じた異文化体験研究のための予備的考察 (単著) 2017/07
4. 論文  書斎の静寂のユートピア : 共同生活をした引きこもりというグリム兄弟像について (単著) 2016/12
5. 論文  グリム兄弟の自伝的記録と書簡について(研究ノート) (単著) 2015/07
全件表示(17件)
■ 社会における活動
1. 2006/10~ 雑誌連載「グリム兄弟の足跡をたずねて」(小澤昔ばなし研究所発行『子どもと昔話』)
2. 2010/11 豊岡プチ大学 講師担当「「旅行記に書かれた不思議な世界」 ~一つ目男・一角獣・黄金の国ジパング~」
3. 2012/11~2012/11 駿河台大学市民講座 講師担当「観光の力ー思索力―」
4. 2013/06 第25期 豊岡プチ大学 講師担当「「若き日のグリム兄弟と19世紀初めのドイツ」
5. 2014/02~2014/03 山梨子ども図書館主催 子どもの本の専門家養成講座2013 講師担当「語られてきた物語 ―昔話の特徴とメッセージ」及び「若き日のグリム兄弟」
全件表示(10件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2010/04~ 講義科目における配布資料フォーマットの統一化の実践
2. 2011/04 演習系授業における発表レジュメの作成方法及び参加者による発表評価方法の実践
3. 2016/04~ 学内ポータルサイトを用いた課題掲出
●作成した教科書、教材
1. 2004/04~2009/03 ドイツ語の教材作成
2. 2011/04~ 一年次演習用テキストの更新
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 2006/10 旅行記術の身体性と歴史性(独逸文学会)