(最終更新日:2017-09-24 17:32:19)
  ハセガワ ヒロカズ   
  長谷川 裕寿
   所属   法学部 所属
   職種   教授
■ 主要学科目
刑法学
■ 現在の専門分野
刑法学, 被害者学, 刑事哲学 
■ 授業科目
1. 刑法概論
2. 刑法各論Ⅰ
3. 刑法各論Ⅱ
4. 刑法研究
5. 刑法総論Ⅰ
全件表示(7件)
■ 学歴
1. 1991/04~1995/03 明治大学 法学部 法律学科 卒業 学士(法学)
2. 1995/04~1997/03 明治大学大学院 法学研究科 公法学専攻 修士課程修了 修士(法学)
3. 1997/04~2002/03 明治大学大学院 法学研究科 博士後期課程 単位取得退学 公法学 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2002/04~2005/03 明治大学 法学部 兼任講師
2. 2002/04~2003/03 立正大学 法学部 非常勤講師
3. 2004/04~2007/03 朝日大学 法学部 専任講師
4. 2004/04~2005/03 立正大学 法学部 非常勤講師
5. 2007/04~2014/03 駿河台大学 法学部 准教授
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 1996~ 日本刑法学会
2. 2013~ 日本被害者学会
3. 2016~ 日本法哲学会
■ 委員会・協会等
1. 2014/04 日高市体育施設等指定管理者候補者選定委員会 委員
2. 2014/06~ 日高市外部評価委員 (兼ファシリテーター)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   刑事不法 個人研究 
2.   修復的司法 個人研究 
■ 著書・論文歴
1. 著書  『修復的正義の今日・明日―後期モダニティにおける新しい人間観の可能性』 (RJ叢書) (共著) 2010/10
2. 論文  「加害者の責任とは何か―責任の人称性からのアプローチ」 (単著) 2015/07
3. 論文  「修復的司法における〈責任〉の一断面」 (単著) 2014/03
4. 論文  「刑事不法のうちにある〈承認〉」 (単著) 2012/02
5. 論文  「ヒト胚問題の諸相」 (単著) 2004/09
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2017/05~ 特定非営利活動法人親子ぐるみ支援ネットワーク 理事長
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2004/04 共著『刑法ゼミナール[総論]』(成文堂)
2. 2006/09 共著『刑法ゼミナール[各論]』(成文堂)
3. 2012/04 共著『刑法ゼミナール[総論]第2版』(成文堂)
4. 2013/04 基礎演習素材集2013
■ 学会発表
1. 2017/09/09 修復的正義の社会倫理的基盤の探求(第130回RJ研究会)
2. 2009/01 RJモデルの比較―Dignan, Understanding Victims and Restorative Justice, Chap.6を通して―(第078回RJ研究会)
3. 2010/02 RJにおける「出会い」Encounterについて―van Ness/Strong, Restorative Justice, 3rd ed., Chap.4を紹介しつつ―(第085回RJ研究会)
4. 2011/07 修復的司法とコミュニティ司法―Crawford/Clear, Community Justice: Transforming Communities through Restorative Justiceを紹介しつつ―(第095回RJ研究会)
5. 2013/05 加害者の責任とは何か(第107回RJ研究会)
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2008/06 処罰できないもどかしさはどこから来るのか(駿河台大学)
2. 2012/07 歯科医療に必要な法律の知識(日本歯科大学)
3. 2013/11 医療と法―インフォームド・コンセントの総括的な話(駿河台大学)
■ 担当経験のある科目
1. 刑法各論(明治大学, 立正大学)
2. 刑法特講(朝日大学)
3. 司法演習(明治大学)
4. 専門演習(明治大学)
5. 比較法研究(駿河台大学大学院)
全件表示(6件)