photo
    (最終更新日:2015-07-08 13:48:12)
  オオモリ カズノブ   
  大森 一伸
   所属   現代文化学部 所属
   職種   教授
■ 主要学科目
トレーニングの科学
■ 現在の専門分野
スポーツ科学 (キーワード:トレーニング、コンディショニング、乳酸) 
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 早稲田大学 人間科学部 スポーツ科学 卒業 学士(人間科学)
2. 1992/04~1994/03 早稲田大学大学院 人間科学研究科 健康科学専攻 修士課程修了 修士(人間科学)(スポーツ科学)
3. 1994/04~1999/03 早稲田大学 人間科学研究科 健康科学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2003/07/17
(学位取得)
早稲田大学 博士(人間科学)(スポーツ科学)
■ 職歴
1. 1995/04~1998/03 早稲田大学 人間科学部 助手
2. 2000/04~2005/03 東亜大学 総合人間文化学部 専任講師
3. 2005/04~2008/03 東亜大学 総合人間文化学部 助教授准教授
4. 2008/04~2010/03 帝京平成大学 地域医療学部 准教授
■ 所属学会
1. 1994/04~ 日本体力医学会
2. 1995/04~ アメリカスポーツ医学会
3. 2006/03~ 欧州スポーツ科学会
4. 2010~ アメリカストレングスアンドコンディショニング協会
5. 2011/11~ 日本臨床スポーツ医学会
■ 委員会・協会等
1. 2010/04~ 駿河台大学 スポーツ教育センター 委員
2. 2010/04~ 駿河台大学 現代文化学部 入試委員会 委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005~2007  サッカー選手における高強度運動後の血中エネルギー基質の利用に関する検討 科研費:若手研究(B) (キーワード:サッカー、間欠運動)
2. 2009~2011  乳酸をエネルギー源として利用するためのトレーニング 科研費:基盤研究(C) (キーワード:トレーニング、乳酸)
■ 著書・論文歴
1. 著書  スポーツとディトレーニング (単著) 2015/06
2. 論文  オリンピック競技大会(2012/ロンドン)にけるサッカー日本代表チームのコンディショニングの一考察-関塚隆監督のインタビューから- (単著) 2013/07
3. 論文  高強度運動後の動的回復中における血中乳酸濃度除去と酸素摂取量の関係 (共著) 2013/01
4. 論文  超音波Bモード法による大腰筋厚と股関節屈曲筋力の関係 (共著) 2013/01
5. 論文  非エリートサッカー選手の体力特性と試合中の運動強度 (共著) 2012/07
全件表示(7件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2011/04/01~2012/03/31 座学の授業中に体を動かし集中力の逓減を抑制する取り組み
■ 学会発表
1. 2006/07 Higher oxygen consumption during active recovery from intense exercise in soccer players(11th ECSS Congress)
2. 2007/07 Enhanced blood lactate removal during active recovery affects accumulated VO2 and performance in subsequent supramaximal sprint(12th ECSS Congress)
3. 2011/07 Effect of high-intensity sprint training with active recovery on aerobic energy system and performance during exercise(16th ECSS Congress)
4. 2012/09 動的回復中の血中乳酸濃度除去が高強度運動に及ぼす影響(第67回日本体力医学会大会)
5. 2014/12/20 スタティックとダイナミックストレッチが立ち幅跳びに及ぼす効果(第3回 日本トレーニング指導学会大会)
■ 講師・講演
1. 2008/02 間欠運動中の血中乳酸濃度と酸素摂取量、エネルギー供給との関係(第4回乳酸研究会:於東京大学)
2. 2013/11 スポーツにおけるトレハロース利用の可能性(第17回トレハロースシンポジウム:東京)
■ 資格・免許
1. 1994/03/25 中学校高等学校教諭専修免許状「保健体育」
2. 2003/10 日本サッカー協会公認B級コーチ(認定番号119638)
3. 2009/05 アメリカ心臓協会ヘルスケアプロバイダー
4. 2009/11 日本トレーニング指導者協会上級トレーニング指導者(JATI-AAT)
■ メールアドレス
  kyoin_mail