photo
    (最終更新日:2017-09-15 07:51:05)
  ノムラ マサヒロ   
  野村 正弘
   所属   メディア情報学部 所属
   職種   教授
■ 主要学科目
博物館概論・博物館資料論・博物館資料保存論・地球科学
■ 現在の専門分野
文化財科学, 科学教育, 層位・古生物学 
■ 授業科目
1. まちづくり実践
2. ゼミナールⅠ
3. ゼミナールⅡ
4. デジタルアーカイブズ特論
5. デジタルアーカイブズ論
全件表示(14件)
■ 学歴
1. 1988/04~1990/03 新潟大学 理学研究科 地質鉱物学専攻 修士課程修了 層位・古生物学理学修士
2. 1990/04~1993/03 新潟大学 自然科学研究科 古環境学 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1993/04~1996/03 群馬県教育委員会事務局 文化スポーツ部文化振興課自然史博物館建設準備室 主事
2. 1996/04~2003/03 群馬県立自然史博物館 主任(学芸員)
3. 2003/04~2006/03 群馬県立自然史博物館 専門員(学芸員)
4. 2003/09~2006/03 群馬大学 教養教育センター 非常勤講師
5. 2006/04~ 群馬大学 教育学部 非常勤講師
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 1988/03~ 全日本博物館学会
2. 1998/04~ 日本地質学会
3. 2009/09~ 日本教育メディア学会
■ 委員会・協会等
1. 2010/04/01~ 飯能市立加治東小学校学校評議会 評議員
2. 2010/06/01~ 飯能市郷土館博物館評議員会 評議員
3. 2014/07/01~ 飯能市社会教育委員 委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2011/03  携帯電話で使うインタラクティブ野外観察ガイドの開発 基盤研究(C) (キーワード:携帯電話)
2. 2010/04~2011/03  音響効果技師による効果音の制作技能及び思考過程のデジタルアーカイブ化と公開 機関内共同研究 (キーワード:効果音)
3. 2011/04~2012/03  地域における文化情報資源のデジタルアーカイブ化に関する基礎研究 機関内共同研究 (キーワード:地域)
4. 2012/04~2013/03  学校が発信する情報および使用媒体の現状と問題点 機関内共同研究 
5. 2013/04~2014/03  アナログ効果音のデジタルアーカイブ化による制作技能の伝承を実現するシステムの開発 機関内共同研究 
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  博物館学事典 (共著) 2011/08
2. 著書  小学校3年生理科 昆虫をかんさつしよう(改訂版) (共著) 2008/02
3. 著書  企画展展示図録「鳥たちの世界-その秘密にせまる-」 (共著) 2007/09
4. 著書  小学校3年生理科 昆虫をかんさつしよう (共著) 2007/02
5. 著書  企画展展示図録「地球の贈りもの鉱物資源」 (共著) 2004/03
全件表示(47件)
■ 社会における活動
1. 2002/11~2002/12 日本地質学会「地質学雑誌」108巻11号査読
2. 2004/03~2004/04 日本地質学会「地質学雑誌」110巻3号査読
3. 2004/09~2004/10 日本地質学会第111年学術大会(千葉大会)準備委員
4. 2013/07~2013/08 日本生態学会 論文査読
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2008/04~ ゼミナール専用SNSを用いたゼミナール教育
2. 2008/04 週1回のオフィスアワー学生個別指導
3. 2009~ ゼミナールと地域博物館の連携による企画展示
4. 2010/08~ 夏休み宿題相談会(学内資源の地域への還元)
●作成した教科書、教材
1. 2008 博物館学学習映像「グラフィックの展示」
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2016/11/17 極微小資料の光学顕微鏡撮影によるデジタルアーカイブ化(その2)―作成手順とデータ形式の検討―(第23回日本教育メディア学会年次大会)
2. 2008/06 有孔虫化石から見た下総層群藪層の生層序と古環境(日本地質学会関東支部)
3. 2009/06 千葉県木更津市南部に分布する下総層群木下層の有孔虫化石(日本地質学会関東支部)
4. 2009/09 博物館学ビデオ教材の開発と公開(日本教育メディア学会)
5. 2010/07 携帯電話で使う野外観察システム(日本教育メディア学会)
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2009/09 地球-過去と未来-(飯能市)
2. 2010/02 アナログ効果音をデジタル技術で保存活用する(東京)
3. 2010/07 博物館教育論について(飯能市)
4. 2012/10 音響効果演出学に向けてのアナログ効果音のデジタルアーカイブ化と課題(東京・秋葉原)
5. 2013/06 デジタル技術で文化を保存・活用する ~デジタルアーカイブの世界~(飯能市)
全件表示(13件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 1996/10/22~ 『生命を育てた太古の海』および『哺乳類の時代』(群馬県立自然史博物館)
2. 1999/10/09~1999/11/28 第9回企画展『ミクロの世界』(群馬県立自然史博物館)
3. 2001/10/06~2001/11/02 第15回企画展『火の山―マグマのダイナミックな活動―』(群馬県立自然史博物館)
4. 2004/04/24~2004/05/23 群馬県庁昭和庁舎特別展示『火山 災害と恵み』(群馬県庁昭和庁舎)
5. 2007/09/29~2007/11/25 第28回企画展『鳥たちの世界―その秘密にせまる―』(群馬県立自然史博物館)
■ 担当経験のある科目
1. まちづくり実践(駿河台大学)
2. オリエンテーションゼミナール(駿河台大学)
3. ゼミナールⅠ(駿河台大学)
4. ゼミナールⅡ(駿河台大学)
5. ゼミナールⅢ(駿河台大学)
全件表示(21件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/08 地球科学短報賞
■ 資格・免許
1. 1988/03/31 学芸員資格
2. 1990/03/31 高等学校教諭専修免許(理科)
3. 1998/02/20 クレーン運転技能
4. 1998/03/20 フォークリフト運転技能
5. 1998/03/23 玉掛技能
全件表示(6件)
■ ホームページ
   Nomuraのページ