photo
    (最終更新日:2017-10-11 18:49:00)
  ムラコシ カズノリ   
  村越 一哲
   所属   メディア情報学部 所属
   職種   教授
■ 主要学科目
社会と経済の歴史
■ 現在の専門分野
経済史, 歴史人口学 
■ 学歴
1. 1982/04~1986/03 慶應義塾大学 商学部 卒業 産業史・経営史商学士
2. 1986/04~1988/03 慶應義塾大学大学院 商学研究科 商学専攻 修士課程修了 産業史・経営史商学修士
3. 1988/04~1992/03 慶應義塾大学大学院 商学研究科 商学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1991/04~1992/03 東京工芸大学 女子短期大学部 非常勤講師
2. 1992/04~1993/03 常磐大学 短期大学部経営情報学科 非常勤講師
3. 1992/04~1999/03 慶應義塾大学 情報処理教育室 非常勤講師
4. 1997/04~2001/03 国際日本文化研究センター 共同研究員
5. 1999/09~2000/09 University of Cambridge Cambridge Group for the History of Population and Social Structure visiting scholoar
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 1988/04~ 社会経済史学会
2. 2017/01~ ∟ 幹事(編集委員)
3. 1990/04~ 日本人口学会
4. 1991/04~ 地方史研究協議会
5. 1993/04~ 記録管理学会
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/04/01 飯能市図書館協議会 委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1988~  武士の歴史人口学 個人研究 
2. 1995~2000  ユーラシア社会における人口と家族構造の比較史的研究 創生的基礎研究 
3. 1996~1996  サムライの生と死―大名の人口学的研究― その他の補助金・助成金 
4. 1997~1997  近世武士の高齢化及び隠居年齢の低下とそれらがもたらす徳川官僚制へのインパクト 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2001~  明治・大正期の乳児死亡 個人研究 
全件表示(12件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  アーカイブズ情報の共有化に向けて (共著) 2010/02
2. 著書  歴史人口学のフロンティア (共著) 2001/11
3. 論文  「家共同体」と「家父長制」概念に基づく徳川武士の権力行使モデル構築の試み (単著) 2013/09
4. 論文  明治・大正・昭和戦前期における死産統計の信頼性 (単著) 2013/06
5. 論文  「メディアと情報資源」研究対象の分類試論 (単著) 2013/03
全件表示(39件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1994/04/01~ オフィスアワーにおいて学生個別指導(週一回)
2. 1994/04/01~ 定期的に小テストを実施している。
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2016/05/12 全学研修会(学生支援)
2. 2016/06/09 全学研修会(キャリア)
3. 2016/06/23 全学研修会(ハラスメント)
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. 1992/10 大名家臣の出生力と出生性比―宇和島藩知行取の場合(社会経済史学会)
2. 1995/11 The Population Demography of the Warrior Class in Tokugawa Japan(Social Science History Association)
3. 1997/11 武士の家系継承と嫁・養子選択―徳島藩知行取の場合―(社会経済史学会関東部会)
4. 2001/05/19 江戸時代における武士の低出生力―シミュレーションと推計の結果に基づいた検討―(社会経済史学会)
5. 2004/09/14 Stillbirths in Spain and Japan(British Society for Population Studies)
全件表示(11件)