(最終更新日:2017-10-22 18:17:29)
  ワタナベ ユウコ   
  渡辺 裕子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
■ 主要学科目
社会福祉論Ⅰ・Ⅱ、マーケティング・リサーチⅠ・Ⅱ、社会学Ⅰ・Ⅱ
■ 現在の専門分野
社会学, 社会福祉学 (キーワード:社会調査) 
■ 学歴
1. 1980/04~1982/03 東京都立大学大学院 社会科学研究科 修士課程修了 社会学社会学修士
2. 1982/04~1985/03 東京都立大学大学院 社会科学研究科 博士課程単位取得満期退学
3. 2009/02 東北大学 文学研究科 行動科学 博士課程 博士(文学)(社会学)
■ 職歴
1. 1985/07~1995/03 東京都衛生局、(財)東京都神経科学総合研究所 社会学研究室 主事
2. 1995/04~2011/03 駿河台大学 経済学部 経済経営学科 准教授
3. 2011/04~2013/03 駿河台大学 経済学部 経済経営学科 教授
■ 所属学会
1. 1982/04~ 日本社会学会
2. 1991/04~ 日本社会福祉学会
3. 2003/04~ 福祉社会学会
■ 委員会・協会等
1. 2008/04/01~2010/03/31 神奈川県横浜市個人情報保護第三者評価委員会 委員
2. 2011/04/01~2016/03/31 埼玉県飯能市男女共同参画審議会 副会長
3. 2015/07/01~ 埼玉県日高市総合福祉センター運営委員会 委員長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2014/03  情報化社会における青少年の性行動の実態の解明と性教育の評価に関する実証的研究 基盤研究(B) 
2. 2011/04~2012/03  震災による市民生活、企業活動、地域・国際経済、通信技術、環境への影響分析 機関内共同研究 
3. 2012/04~2015/03  東日本大震災における遠隔地からのボランティアの費用と便益に関する研究 基盤研究(C) 
4. 2014/03~2015/03  大学生における職業希望・進路とその規定要因に関する研究 機関内共同研究 
5. 2016/04~  ボランティアの社会的経済的価値に関する研究-集団・組織レベルでの評価を中心に― 基盤研究(C) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  社会福祉における介護時間の研究―タイムスタディ調査の応用― (単著) 2010/01
2. 論文  ボランティア活動の経済的価値のマクロ的分析-「社会生活基本調査」を用いて- (単著) 2017/09
3. 著書  大学等に通学する障害者に対する支援モデル事業・報告書~全身性障害のある学生を対象として~(厚生労働省平成28年度障害者総合福祉推進事業) (共著) 2017/03
4. 論文  大学生のファッションブランドの購買意識・行動と社会関係 (単著) 2016/09
5. 論文  被災地の遠隔地からのボランティアの問題と支援のあり方―東日本大震災における活動支援金受給団体の分析を通して― (単著) 2014/11
全件表示(68件)
■ 社会における活動
1. 2006/04~2007/03 埼玉県飯能市『障害者プラン』策定における市民意識調査、委託
2. 2007/04~2008/03 埼玉県飯能市『地域福祉計画』策定における市民意識調査、委託
3. 2012/02~2012/03 埼玉県飯能市『男女共同参画プラン』の基礎データ収集のための市民意識調査に対する助言、分析
4. 2016/04~2017/03 厚生労働省・障害者総合福祉推進事業「障害学生の通学支援モデル事業」における調査、検討委員会委員長
■ 受賞学術賞
1. 1995/05 第93回 東京都衛生局学会 優良賞授賞