オオサワ スグル
  大澤 傑
   所属   法学部 所属
   職種   助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/03
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読有り
標題 個人支配体制の移行期における軍部の意思決定過程
執筆形態 単著
掲載誌名 防衛大学校紀要社会科学分冊
掲載区分国内
巻・号・頁 116,31-60頁
概要 個人支配体制の移行期における軍部が、支配者を見捨てる、見捨てないという意思はどのように決定されるのか。本研究では、支配者による軍部の統制構造が、軍内派閥の形成に寄与し、それが軍部の態度を拘束することを明らかにした。特に、偏ったパトロネージは軍内に反体制派を醸成する効果があることが分かった。ただし、軍部の分析だけでは、個人支配の体制は説明できず、社会の視座を同時に捉える必要性について示唆した。