タカギシ ユリコ
  髙岸 百合子
   所属   心理学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/02
形態種別 著書
標題 これからの対人援助を考える くらしの中の心理臨床 ②パーソナリティ障害
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 福村出版
担当範囲 第1部 事例編 事例12(p.92-96)、事例16(p116-120)
著者・共著者 野村俊明・青木紀久代・堀越勝(監修)、林直樹・松本俊彦・野村俊明(編)
概要 これからの心理的援助は、医療施設や相談室の内部での心理面接という枠から離れて、クライエントの「生活」を援助するという観点をもった援助のあり方を検討することが、ますます重要になると思われる。本書では、パーソナリティ障害の概念を論じ、その後にパーソナリティ障害を抱える人々の生活の記述を含んだ事例報告、それについてのさまざまな立場からの検討を行った。そして、その人々の生活における問題の把握やそれへの援助のあり方が論じられた。