ウカイ ミユウコ
  鵜海 未祐子
   所属   現代文化学部 所属
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/10
形態種別 著書
標題 「規律・訓練装置としての学校―フーコー」
執筆形態 共著
掲載誌名 時代背景から読み解く西洋教育思想
掲載区分国内
出版社・発行元 ミネルヴァ書房
巻・号・頁 202-205頁
総ページ数 4
担当範囲 202-205
著者・共著者 ◎藤井千春、岡村健太、大川洋、大川なつか、菱刈晃夫、嶋口裕基、鵜海未祐子、杉原央樹、菅沼静香、村松灯
概要 この論稿では、近代における肯定的な権力観への変容をめぐる学校教育の関与について、ミシェル・フーコーの思想を手掛かりとして説明を進めた。とりわけ近代のミクロな権力は、相互的に働くものであり、一方的な権力批判は、問題解決に及ばない事情に言及した。その背景を控えて、生徒が「主体的」になる事の意味を考察した。そこでは、将来教師の学生に考えてほしい、生徒との権力関係や、規律や訓練の正当性の問題を扱っている。