ウカイ ミユウコ
  鵜海 未祐子
   所属   現代文化学部 所属
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/10
形態種別 その他論文
招待論文 招待あり
標題 「公教育制度における『市民教育の強制』と『信教の自由』の調整のありかた―エイミー・ガットマン(Amy Gutmann)の熟議民主主義論が示唆すること」(シンポジウム報告)
執筆形態 単著
掲載誌名 アメリカ教育学会紀要
掲載区分国内
巻・号・頁 26,84-91頁
担当範囲 84-91
概要 この論文では、公教育制度における、「信教の自由」を理由とした「市民教育の免除」を否認したアメリカの教育判例を素材として、制度思想の観点から正当化論拠を再考察した。税金ベースの公教育制度の原理としては、無関心という名の下で偏見や差別を再生産しうる「寛容」ではなく、お互いに向き合い尊厳を保障する「相互性」が望ましいことを論じている。そこでは、将来教師の学生に考えて欲しい教育の公共性の問題を扱っている。