スギモト ヒデハル
  杉本 英晴
   所属   心理学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 Keganの構造発達理論に基づく青年期後期・成人期前期における自己の発達:Eriksonの心理的危機との関連
執筆形態 共著
掲載誌名 発達心理学研究
掲載区分国内
巻・号・頁 24,99-110頁
著者・共著者 齋藤 信・亀田 研・杉本 英晴・平石 賢二
概要 青年後期から成人前期の自己発達の特徴をKeganの構造発達理論に基づいて検討した。その結果,年齢の高さと構造発達段階の高さに正の関連があり,Eriksonの勤勉性,アイデンティティの心理的危機が解決されている感覚,全体的なアイデンティティの感覚と構造,発達段階の高さとの間にも正の関連が示された。