アサバ ユウスケ
  麻場 勇佑
   所属   経済経営学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 「デュポン火薬会社における管理会計の成立過程―1914年の投資利益率の分解公式化―」
執筆形態 単著
掲載誌名 経営会計研究
出版社・発行元 日本経営会計学会
巻・号・頁 (16),55-74頁
概要 世紀転換期に訪れた大合併の波は多数の巨大な統合産業を、初めて大量に生み出した。これらの複雑な組織は洗練された管理会計システムを必要とした。火薬産業、すなわちデュポン火薬会社も同様であり、同社は情報を財務部に集中させた集権的会計システムを設計した。この集権的会計システムは投資利益率を軸とし、それが火薬産業内における競争優位をもたらした。投資利益率を軸とした管理会計は1914年における投資利益率式の分解をもって完成した。