コマル マサル
  小丸 超
   所属   現代文化学部 所属
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/02
形態種別 学術論文
標題 生成する時間・定着の時間―社会学におけるリズム研究の位置づけ―
執筆形態 単著
掲載誌名 龍谷大学大学院紀要社会学・社会福祉学
掲載区分国内
出版社・発行元 龍谷大学大学院社会学研究科
巻・号・頁 (15),59-64頁
概要 社会学におけるリズム研究の位置づけについて、社会学史の視点から考察した論文。社会学は一般に時間を「観念」(デュルケームの言う「集合表象」)として捉えるが、他方で存在論の視点から「生きられる時間」(ベルクソンの言う「純粋持続」)として捉える研究も存在する。そこで、リズム研究は、後者(存在論)の系譜に位置づくものだ、と主張されている。