イシカワ マチコ
  石川 真知子
   所属   グローバル教育センター 所属
   職種   講師
言語種別 英語
発行・発表の年月 2020/03
形態種別 著書
標題 Paradox and Representation: Silenced Voices in the Narratives of Nakagami Kenji
執筆形態 単著
掲載区分国外
出版社・発行元 Cornell University Press
総ページ数 300
概要 本書では、被差別部落出身の作家として知られる中上健次(1946-1992)の作品に読める地政学的視点に着目し、ポストコロニアル研究の視点、特にガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァクのサバルタン表象をめぐる論考を援用しながら分析する。社会、文化、性に関わる抑圧を重層的に受け、周縁に追いやられ沈黙させられてきた人々-部落民をはじめ、エスニック・マイノリティ、セクシュアル・マイノリティ、犯罪被害者、老女、身体障碍者、セックス・ワーカーなど「無告」の人々の声を中上がいかに描き、彼らの他者性を社会における「差異」として称揚しようとしたかを考察する。