アマノ コウジ
  天野 宏司
   所属   現代文化学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/07
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 皆既日食観測者の受入と観光行動--鹿児島県大島郡喜界町を事例として
執筆形態 単著
掲載誌名 駿河台大学論叢
出版社・発行元 駿河台大学教養文化研究所
巻・号・頁 (40),185-203頁
概要 2009年7月22日は,日本において皆既日食が46年ぶりに観測された日である。この皆既日食は,主に奄美群島など,離島部で長い時間観測可能であったため,離島部での観測者の受け入れが行われた。しかしながら,宿泊施設等の受け入れ余力は小さく,テントサイトでの長期滞在が多く行われた。本論では,その受け入れ実態を把握するとともに,日食観測者の観光行動について明らかにした。