アマノ コウジ
  天野 宏司
   所属   現代文化学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/12
形態種別 その他
標題 旧植民地における近代化遺産
執筆形態 単著
掲載誌名 地理
巻・号・頁 (641),88-98頁
概要 台湾が日本の植民地で会った時代は約50年に及び,その時代に建設された遺構が,戦後)すなわち植民地の放棄をしてから)70年近くたった現在でも残っている。現在台湾に残存するいくつかの遺構を,当時の地図と現況の写真によって紹介した。