クサチ ミキ
  草地 未紀
   所属   法学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/12
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 学納金返還訴訟に関する一考察(二・完)
執筆形態 単著
掲載誌名 清和法学研究
掲載区分国内
出版社・発行元 清和大学法学部
巻・号・頁 12(2),69-94頁
概要 「(二・完)」においては、学説を整理した上で、私見をまとめた。結論は、「授業料は返すが入学金は返さない」という判例と同様であるが、それは、以下のように考えるからである。まず、大学と学生との契約は、「入学資格取得契約」と「在学契約」に分けて考えるべきであり、さらに後者は「準委任の性質を含む有償双務の無名契約」であると考える。このように考えることにより、受験生に対して入学資格を与えれば、大学側は入学資格取得契約において「履行した」こととなるから、その対価として受験生は「入学金を支払う」のであり、結果、「入学金」は返還しなくてよいことになる。また、「授業料」については、学生が入学せず、現に授業を受けていない場合は、大学側は「在学契約」の内容たる教育役務の提供を「履行していない」から、学生はその対価としての授業料を支払う必要はなく、その不返還特約は、消費者契約法9条1項によって無効となる。ただ、このような判例や学説が集積していくことにより、大学側が入学金を増額することも懸念されるため、今後、「返還されるべき金銭」についてのより詳細な検討が必要であることを指摘した。