ムラコシ タクマ
  村越 琢磨
   所属   心理学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/05
形態種別 学術論文
標題 運動制御時における視覚表象と身体表象の相互作用の解明
執筆形態 単著
掲載誌名 平成29年度 科学研究費助成事業 研究成果報告書
掲載区分国内
巻・号・頁 (15K17324),1-6頁
著者・共著者 ◎村越琢磨
概要 運動制御事態において視覚系が用いる表象と運動系が用いる表象の違いと,その相互作用について境界拡張実験パラダイムを用いて検討した.その結果,視覚系と運動系では参照する表象の大きさなどに違いがみられ,視覚課題での知覚された境界位置は運動制御課題において知覚された境界位置に比べ拡張される傾向が示された.また,視覚情報によって運動を誘導するような視覚運動協応事態では,実際の物理的大きさとは異なる視覚表象を補正することによって,運動制御を実現するようなメカニズムが存在することが示唆された.https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-15K17324/15K17324seika.pdf