パク ジュボン
  朴 周鳳
   所属   現代文化学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004/04
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 「新陰流の組太刀の研究:柳生家伝来の古文献と伝承の形に基づいて」
執筆形態 共著
掲載誌名 国際武道大学年報
掲載区分国内
出版社・発行元 国際武道大学 付属 武道・スポーツ 科学研究所
巻・号・頁 (20),47-62頁
著者・共著者 朴周鳳、魚住孝至
概要 本書は、「新陰流」の技について伝わる伝書での記述と継承される技を比較分析したものであり、その中で流派の極意である「転」(まろばし)という思想が、所作として相手の太刀筋を軸に回転する動きに現れていることについて論じたものである。
本人担当部分:資料分析と翻刻、執筆。但し、共同研究により本人担当頁の抽出不可。