サタケ ヨシホ
  佐竹 由帆
   所属   現代文化学部 所属
   職種   准教授
発行・発表の年月 2018/09
形態種別 その他論文
査読 査読有り
標題 The effects of corpus use on correction of article- and preposition-omission errors
執筆形態 単著
掲載誌名 Proceedings of the 4th Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2018)
出版社・発行元 Asia Pacific Corpus Linguistics Association
巻・号・頁 378-380頁
総ページ数 3
概要 筆者の先行研究において、学習者が英作文における誤りを修正する時、コーパスの参照は特に脱落の誤りの正確な修正を促進することが明らかになった。本研究では冠詞・前置詞の脱落の誤りにしぼって修正する場合、誤りの種類をしぼらない場合と比較してコーパス参照の効果に違いがあるか検証した。誤りの種類をしぼることは修正の正確さを促進するだけでなく、ピア・レビューにおける誤指摘(正しい表現を誤りとして指摘)をなくす効果があった。コーパスを参照するデータ駆動型学習のアプローチを誤り修正において効果的に実践するためには、コーパス参照が特に効果的である種類の誤りに集中することが望ましい。