コバヤシ ショウキ
  小林 将輝
   所属   現代文化学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/07
形態種別 その他
標題 ルッツ・レーリヒ「愛とエロス(1)」(翻訳)
執筆形態 単著
掲載誌名 子どもと昔話
掲載区分国内
出版社・発行元 小澤昔ばなし研究所
巻・号・頁 (24),20-27頁
概要 ドイツの民俗学者Lutz Roehrichの著書'und weil sie nicht gestorben sind . . .' (Koeln; Weimar; Wien: Boehlau 2002, S. 34-59)に掲載されている一章"Liebe und Eros"の翻訳。一般誌に5回に渡って掲載したうちの1つ目。本論では、西欧のメルヒェンにおいて愛やエロスの要素が、どのように物語に組み込まれ、表現されているかを多くの事例を挙げながら分析が試みられている。