コバヤシ ショウキ
  小林 将輝
   所属   現代文化学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/12
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 江戸期の旅行記録に見られる相撲体験について ― モンターヌス, ケンペル, シーボルトを例に ―
執筆形態 単著
掲載誌名 駿河台大学論叢
掲載区分国内
出版社・発行元 駿河台大学教養文化研究所
巻・号・頁 (55),75-93頁
概要 日本に訪れる外国人たちは滞在中の様々な体験を通して日本を見ることになるが、それは伝統スポーツとの接触でも同じである。江戸期に日本を訪れた西洋人たちにとって、とりわけ相撲はわかりやすいエキゾチズムの指標であり、それゆえ多く言及されてきたと言えるだろう。本論では17世紀から19世紀前半までに相撲に接触したモンターヌス、ケンペル、シーボルトの3者を取り上げ、相撲と接触した経験について取り上げ、分析を行っている。