イチカワ ノリコ
  市川 紀子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001/04
形態種別 学術雑誌
標題 財務会計論の中心観的特質
執筆形態 単著
掲載誌名 産業経理
出版社・発行元 財団法人産業経理協会
巻・号・頁 61(1),115-125頁
概要 時価会計と時価主義会計とはいかに識別されるのか。ペイトン理論については中心観、とりわけその中での利益計算方法の統合形態によって計算構造を識別できるのではないかという点を指摘し、また井上良二理論では時価会計と時価主義会計という計算体系を区別する基準がないことを示した。資産負債中心観において財産法の中に損益法が包含されているものは時価会計の考え方であり、両法が並列している場合は時価主義会計となる。