ナガオ タケシ
  長尾 建
   所属   現代文化学部(2019年4月を以て募集停止) 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/12
形態種別 学術雑誌
標題 「河北新報」
執筆形態 単著
掲載誌名 国文学 解釈と教材の研究
掲載区分国内
巻・号・頁 47(14),131頁
概要 太宰治が戦後、生涯唯一の新聞連載小説「パンドラの匣」を発表した媒体である「河北新報」について論じた。太宰が「河北新報」に小説を連載した事実は、戦後の荒廃した国土にあって、戦後文学の出発を遂げたい太宰と、戦時統合を受けなかった大新聞として、戦後他紙に先駆けて、大都市東京ではなく地方都市仙台から連載小説を復活させたいという一地方メディアの思惑が、見事に合致した好例と言える。