ナガオ タケシ
  長尾 建
   所属   現代文化学部(2019年4月を以て募集停止) 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/07
形態種別 著書
標題 『日本詩人』と大正詩―〈口語共同体〉の誕生―
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 森話社
巻・号・頁 131-159頁
著者・共著者 編者:勝原晴希 著作者:◎勝原晴希、松村まき、安智史、黒坂みちる、長尾建、五本木千穂、徐載坤、堤玄太、渡邊章夫、権田浩美
概要 口語自由詩の一般化に大きく寄与した大正期最大の詩人団体「詩話会」とその機関誌『日本詩人』の検討を通し、「大正」という時代とその文化を捉えなおしたもの。その中で担当者は大正12年の関東大震災に際してその直後詩話会によって編まれた『震災詩集 災禍の上に』を取り上げ、民衆派の作り出した口語自由詩が〈ナショナルなもの〉と切り離せないこと、また彼らの作り出そうとした〈民衆〉が個別具体的な〈民衆〉ではなかったという逆説を含んでいることなどを明らかにした。
担当は「『震災詩集 災禍の上に』論―民衆は的エートスとナショナル・アイデンティティ―」(p.131~159)