オオヌキ ヒデアキ
  大貫 秀明
   所属   現代文化学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/06
形態種別 学術雑誌
標題 Misgivings Regarding the Reserved Body Seen among the Japanese Youths
(日本の若者に見る「控え目なからだ」にまつわる不安)
執筆形態 単著
掲載誌名 Journal of Philospphy of Sport
掲載区分国外
出版社・発行元 国際スポーツ哲学会
巻・号・頁 (2007年度号),76-87頁
担当範囲 本文執筆
概要 2007年度の国際スポーツ哲学会学会大会(於:スロベニア)での発表内容を事前に活字化したものである。学校からの、そして学びからの逃避など、日本の教育の世界では子ども。そして若者たちの将来に対する目的の喪失化が顕著化し、その動向に相まってその者たちのからだの在り様が案じられた。拒食・過食、自傷行為、安易な殺傷等々、自分のからだの自覚の喪失が、他者の痛みに対する想像力も奪ったようであった。このあたりの日本の事情を、体育関係者として、また舞踊関係者としての立場から発言を試みたものである。