オオヌキ ヒデアキ
  大貫 秀明
   所属   現代文化学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/12
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 「創作ダンス」の概念の省察的更新 -「現代的なリズムのダンス」との二項対立を超えて-
執筆形態 共著
掲載誌名 第68回舞踊学会大会 研究発表抄録集
掲載区分国内
出版社・発行元 舞踊学会
巻・号・頁 29-29頁
担当範囲 本文執筆(明確な範囲の分別不可能)
著者・共著者 ◎大貫秀明(駿河台大学)仙田麻菜(尚美学園大学・非常勤)(共同執筆のため抽出不可能)
概要 現下、日本における学校ダンス教育は男女必修化という変化をみながら、「創作ダンス」「フォークダンス」「現代的なリズムのダンス」のうちから主たる学習内容を選択することが許容されている。その結果、時代の反映もあり、「現代的なリズムのダンス」を選択する学校が大半を占め、やや偏向の兆しがみられるとともに、他の2つの要素に対する無理解が危惧されている。そこで、3つの要素の相互連関性に改めて気づいてもらうことを目的に発表内容を構成した。余談ながら、大いなる反響を得ることができた。