ナカガワ ヨウコ
  中川 洋子
   所属   グローバル教育センター 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/02
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読有り
標題 『骨董屋』に関する一考察(二)─Daniel Quilpの魅力─
執筆形態 単著
掲載誌名 『KYORITSU REVIEW』
出版社・発行元 共立女子大学大学院文芸学研究科
巻・号・頁 (25),1-17頁
概要 本稿は、『骨董屋』の登場人物、邪悪な小人クウィルプに焦点を当て、作品の新たな魅力について考察したものである。例えば、クウィルプのプライドの高さ、自己表現力の豊かさ、陰謀家であること、などという諸特徴に注目し、クウィルプを通して、庶民の人間としての存在価値を再認識させようとした点について検討した。また、ディケンズ自身の生活史と照らし合わせ、ウィルプとネルの人間関係が、ディケンズの恋愛観の反映であることを論証した。