ヒラノ カズヒロ
  平野 和弘
   所属   現代文化学部 所属
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001/04
形態種別 その他論文
標題 定時制現場から発する「すべて」の思想
執筆形態 単著
掲載誌名 たのしい体育・スポーツ
掲載区分国内
出版社・発行元 創文企画
巻・号・頁 (130号),8-13頁
概要 異質な高校生たちがスポーツを媒介につながるという事実を土台に、スポーツの教育的な意義について理論と方法について述べた。高校生がスポーツを媒介に交流し、互いに成長し、認め合うためには、生徒のプレイ空間が「誰もが受け入れられる」場所であることが求められ、民主的な学校づくりが求められる中、学びの中核を担う教育課程の自主編成の過程で、教師、生徒相互の教材への深い学びが求められていくことを提示した。