ヒラノ カズヒロ
  平野 和弘
   所属   スポーツ科学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/07
形態種別 その他論文
標題 水俣病の授業化に向けて-その動機と理由と意義-
執筆形態 単著
掲載誌名 たのしい体育・スポーツ 2019年夏号
掲載区分国内
出版社・発行元 創文企画
巻・号・頁 (312),18-21頁
総ページ数 4
概要 保健教育において「水俣病」を取り上げる目的・意義について述べたものである。現地水俣で患者支援する人の言葉や、写真集「水俣」で水俣を世界に知らしめたユージン・スミスの言葉を援用しつつ、現地での取材をもとに得た知見を土台に、すでに忘れ去られていると思われている公害病だからこそ、あえて取り上げるべきであり、学校教育において「科学的認識」「構造的把握」「実践的実践」の力を育てるためにも必要であると述べ、教師が取り組むべき教材であることと、新たな視点での教材研究が必要であると述べている。