コヅカ ケンイチロウ
  狐塚 賢一郎
   所属   現代文化学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/01
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 地域高齢者を対象とした介護予防運動処方の開発Ⅱ
‐高齢者の介護予防運動参加動機と活動性の関係‐
執筆形態 共著
掲載誌名 駿河台大学論叢
掲載区分国内
出版社・発行元 駿河台大学教養文化研究所
巻・号・頁 (37),153-166頁
著者・共著者 狐塚賢一郎、大貫秀明、久我晃広、鈴木徳一
概要 本研究では,本施設では運動に高いモチベーションをもった利用者が多く,また施設での運動体験が日常生活への積極的な行動へのモチベーションになっていることが示唆された。この点は筋力トレーニングや有酸素系トレーニング(エアロバイク等)などにつき利用者個別のメニューを作成し,提供しているこの施設での取り組みが成功している結果であるといえる。
また,調査結果からは自覚的体力や活動能力指標に影響している要素としては加齢より,個々の障害などの個別の要素がよい大きいことが考えられた。
現在はCOTに関しては全体への集団指導というかたちでトレーニングにあたっていただいているが,他の筋力トレーニングやエアロバイクの成功を見ると,全体への集団指導を基礎として,個々の状況や障害の程度に応じた達成感,満足感のもてるメニューの開発(個別の処方)が必要である。
(担当部分:データ分析、本文執筆担当)(pp153-166)