マスダ タマコ
  増田 珠子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 二極化を越えて―デイヴィッド・オーバンの『証明』における未来の神格化―
執筆形態 単著
掲載誌名 『津田塾大学紀要』
出版社・発行元 津田塾大学
巻・号・頁 (34),67-84頁
概要 数学の証明をめぐる『証明』(2000年初演)は、数学の持つイメージを生かして二極化の枠組を劇世界にうまく取り込む一方、二極化の枠組に縛られた世界観のもとで膠着状態に陥った登場人物たちが、問題を抱えながらも、曖昧さを許容する枠組を受け入れて新たな別の世界観を導入し、希望を得て前進する姿を提示する結末に至る。この結末に提示されているのは、現代のプラグマティズムの思想に裏打ちされた世界である。