マスダ タマコ
  増田 珠子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/06
形態種別 学術雑誌
標題 『ネクスト・トゥ・ノーマル』―ミュージカルの新しい地平
執筆形態 単著
掲載誌名 現代演劇研究会編『現代演劇 特集トニー賞・ピューリツァー賞』
出版社・発行元 新水社
巻・号・頁 (21),210-220頁
概要 トム・キット音楽、ブライアン・ヨーキー作詞・脚本の『ネクスト・トゥ・ノーマル』(2008年初演)は、ミュージカルとして14年ぶりのピューリツァー賞に輝いた作品である。精神疾患というブロードウェイ・ミュージカルらしからぬテーマを扱いながら、多くの観客を引きつけ、高い評価を受けている。これは、音楽や舞台装置が優れた効果を発揮しているのに加え、双極性障害の患者とその家族の苦しみという特殊な事例を描きつつ、観客の誰もが自らのこととして受け入れられるような普遍的な概念にたどりつくからと考えられる。