ムラカミ ダイスケ
  村上 大輔
   所属   経済経営学部 所属
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 Tourism Development and Propaganda in Contemporary Lhasa, Tibet Autonomous Region, China
執筆形態 単著
掲載誌名 Asian Tourism: Growth and Change (Cochrane ed.) Amsterdam, Boston, London, and Oxford
掲載区分国外
出版社・発行元 Elsevier
巻・号・頁 55-67頁
概要 本論考が収められた著書(Asian Tourism: Growth and Change)は、中国や日本、東南アジアなど、アジア全体の観光産業の発展に対して政治学、文化人類学、カルチュラル・スタディーズ、経済学など様々な観点から学際的な分析を試みた論考集である。近年のアジア観光産業の変容に関する総合的研究書といってよい。Chapter 5 (“Tourism Development and Propaganda in Contemporary Lhasa, Tibet Autonomous Region, China” pp.55-67)を担当し、チベットの観光産業の発展に関する報告と多様な文化バックグラウンドをもつ観光客の動機付けに関する分析を行った。