オウシダ マコト
  王子田 誠
   所属   法学部 所属
   職位   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 サーベンス・オクスレー法における弁護士の法令違反報告義務
執筆形態 単著
掲載誌名 姫路法学
出版社・発行元 姫路獨協大学
巻・号・頁 (46),120-168頁
概要 最近、サーベンス・オクスレー法において定められた弁護士の法令違反報告義務は法令違反行為に直面した弁護士の社内における段階的報告義務と法令違反に係わる依頼人秘密の開示を内容とする。規制内容は従来の決定や弁護士倫理の議論の延長と捉えられており、本規則のなかには立法目的を骨抜きにする部分も指摘されており、本規則に関連して通報を伴う辞任の必要性も唱えられている。弁護士の報告義務は伝統的な弁護士倫倫理の企業における具体化であると同時に開示制度の信用性を支える制度として位置づけることができる。