キヨミ セツコ
  清海 節子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/06
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 なぞなぞに於ける反義語と反復の役割
執筆形態 単著
掲載誌名 日本エドワード・サピア協会 研究年報
巻・号・頁 (26),69-80頁
概要 なぞなぞの特徴的な表現方法に反義語と繰り返しがある。本論はそれらの役割を考察するために、日本の子供向けのなぞなぞで「...なものはなに?」と問う二段なぞと、大人向けの「...とかけて...と解く。その心は...?」と三段で構成される三段なぞを調査した。その結果、二段なぞの半分以上に反義語か繰り返しのどちらか、または両方が含まれていることが分かった。また、三段なぞは、反義語は用いられないが、同音語(または句)の意味対立があり、暗示的な音の繰り返しがあると仮定した。従って、基本的に両タイプのなぞなぞは、意味対立と、繰り返し表現が重要な役割を果たしているという点で、共通した性質を有する言葉遊びであると考えられる。