キヨミ セツコ
  清海 節子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 1999
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 Verb reduplication in the Bantu Languages : phonological and semantic characteristics
執筆形態 単著
掲載誌名 Surugadai University Studies
巻・号・頁 18,pp.113-136
概要 本稿では、バンツー諸語の反復語動詞の音韻及び意味論的特徴について考察した。生産的に語幹が繰り返されて動詞が用いられている18の言語を選び、反復語が意味的に語幹に関連がある例だけを取り扱った。音韻論を検討する際に、マッカシーとプリンス (1986) の理論枠で分析した。彼らは、反復語の接頭辞は、プロソディーの構成要素として分析され得るテンプレートとして表わされると考えている。分析の結果分かったのは、音節数が3以上の語幹以外、テンプレートは2音節である傾向があり、3音節以上の語幹だと、2音節の接頭辞になるか、全体が反復されるかのどちらかである。また、意味論的特徴は、「反復/継続」「強化」「弱小化」といった三つの典型的な意味が見つかったことである。さらに18言語の内13は、二つ以上の意味を表すことから、バンツー語の反復語は複数の意味を表す傾向にあると示唆された。