キヨミ セツコ
  清海 節子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 1993
形態種別 その他
標題 How to motivate the meanings of verbal reduplication: Cognitive and typological perspectives.
執筆形態 共著
掲載誌名 handout at Berkeley/UCSD cognitive linguistics workshop
著者・共著者 Masuhiro Nomura
概要 1993年10月23日にカリフォルニア大学サンディエゴ校で開催されたUC Berkely・UCSD 認知言語学ワークショップでの発表時に配布したhandoutである。発表は、動詞の反復語の意味を認知的観点から考察したものである。ラネカー(1991)の認知グラマー理論を枠組みにして、89の言語のデータについて検討した。ラネカーによると、動詞は、プロセスをプロファイルすると考えられる。そこで、反復語は、そのプロセスの模写(=レプリケート)されたものだと定義する。このスキーマが広がったり、特殊化されたりして、動詞の反復語が表わす様々な意味が生じることを説明した。