キヨミ セツコ
  清海 節子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1994/07
形態種別 その他
標題 反復語の形態と機能の類型論
執筆形態 単著
掲載誌名 津田塾大学言語文化研究所報
巻・号・頁 (9),15頁
概要 1993年12月24日に津田塾大学言語文化研究所『英語の共時的及び通時的研究の会』で発表した要旨である。反復語の形態と機能及びそれらの相関関係を類型論的見地から研究した清海 (1993) に基づくものである。取り扱った反復語は、意味のある語幹から成るもので、生産的なものに限った。「形態」とは、反復語の音韻的側面と品詞の側面を表わし、「機能」とは、語の反復による意味の変化と品詞の変化を示している。五つの語族(バンツー・オーストラリア・パプアニューギニア・オーストラリア・マラヨポリネシア)の中から合計89の言語をデータにして、共通して見られた傾向と特徴を取り上げた。