キヨミ セツコ
  清海 節子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 1991
形態種別 その他
標題 On comparing two theories of reduplication
執筆形態 共著
掲載誌名 Meeting handbook: Linguistic Society of America
巻・号・頁 pp.14
概要 1991年5月1日、米国シカゴでのアメリカ言語学会で発表した要旨である。マッカシーとプリンス (1986) の理論では、(部分的)反復語の接頭辞は、プロソデイーの構成要素として分析され得るテンプレートとして表わされる。一方で、ステリアーデ (1988) は、全体反復であれ、部分的反復であれ、反復語は、ベースになる語のすべてをコピーすると主張している。そこで、バンツー語族のスワティ語のデータを用いて、この二つの理論を比較してみる。結果として、ステリアーデの理論はスワティ語のデータをうまく説明することができない。しかし、マッカシーとプリンスの理論では、スワティ語の反復語を問題なく説明することができる。