キヨミ セツコ
  清海 節子
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/12
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 周辺的反義語の性質 ―標準的反義語との関連からの考察―
執筆形態 単著
掲載誌名 駿河台大学論叢
掲載区分国内
出版社・発行元 駿河台大学教養文化研究所
巻・号・頁 (57),73-89頁
総ページ数 17
概要 本研究は、周辺的反義語の性質を明らかにするため、標準的反義語との関係から考察した。まず文学作品の反義語を検討し、標準的、周辺的、創造的と三分類することができた。創造的反義語は、連想や象徴として反義性が感じられるため、周辺的反義語に含まれるとみなし、反義語は「標準的」と「周辺的」に二分されると考えた。辞典と先行研究を参考に、標準的反義語と周辺的反義語、さらに、それらの区別について検討した。結論として、周辺的反義語には、何らかの意味的対立を含むことが前提だという考えを提示した。語の意味に基づく「反対の意味」が含蓄されることで、標準的反義語と周辺的反義語の関連性がより明確になる。