アキイケ ヒロミ
  秋池 宏美
   所属   現代文化学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/01
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 教育課程行政における学習指導要領の「基準性」の意義
執筆形態 単著
掲載誌名 駿河台大学論叢
掲載区分国内
出版社・発行元 駿河台大学教養文化研究所
巻・号・頁 第47号,143-167頁
概要 本稿では、2003(平成15)年以降の学習指導要領の「基準性」の意義について、国の教育課程基準設定権、教育の地方自治、教育の自主性原則との関係性をふまえて検討している。
その際、最高裁学テ判決の「大綱的基準」説を読み直し、最大判は、学習指導要領=大綱的基準としつつも、学習指導要領の法規的効力については、「阿吽の留保」を行ったと捉え、学習指導要領の法令上の形式とともに、学習指導要領の記載内容(事項)についてもその法規性を明確にする必要があると論じている。