タカガキ ユキオ   TAKAGAKI Yukio
  高垣 行男
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/09
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 【書評】ゲオルク・フォン・クローほか編著『Towards Organizational Knowledge: the Pioneering Work of Ikujiro Nonaka』(Palgrave Macmillan, 2013)について
執筆形態 単著
掲載誌名 駿河台経済論集
巻・号・頁 第23巻(第1号)
概要 本書は、ナレッジ・マネジメント(KM: Knowledge Management)の分野での野中郁次郎教授の貢献を永く記録に留めるということで、同社から発行されている知識とイノベーションに関する野中シリーズ(Nonaka Series of Knowledge and Innovation)の3冊目となる。
 本書の全体は、イントロダクションにつづいて3部に分かれており、合計17篇となっている。
 イントロダクションでは、野中教授の経歴、研究分野での貢献、各章の概要が記されている。
第1部(Part-1)は、歴史的展望(Historical Perspective)として、3篇がおさめられている。
第2部(Part-2)は、現代の発展(Contemporary Development)として、6篇がおさめられている。
第3部(Part-3)は、さらなる発展への展望(Perspective for further development)として、8篇がおさめられている。
ナレッジ・マネジメント(KM)に関して、現時点における最新の研究動向とその広がりに関する集大成といえる研究書といえる。