オオモリ カズヒロ
  大森 一宏
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/11
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 戦間期日本の海外情報活動―陶磁器輸出を中心に―
執筆形態 単著
掲載誌名 社会経済史学
掲載区分国内
出版社・発行元 社会経済史学会
巻・号・頁 69(4),29-48頁
概要 両大戦間期の日本の陶磁器業を事例に、民間の経済主体である同業者組織が政府と連携しながら活動を展開し、産業の生産基盤と輸出環境を整えるという産地におけるシステムが構築されたことを明らかにした。その上で、同業者組織の活動の検討を通じて、日本における政府と民間の関係にアプローチすることは、日本の経済システムを解明する一つの有力な方法ではないかとの主張を展開した。