オオモリ カズヒロ
  大森 一宏
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 戦時期における窯業と同業者組織
執筆形態 単著
掲載誌名 駿河台経済論集
巻・号・頁 19(2),103-123頁
概要 戦時期に産地に展開した窯業が、経済統制の進展にともなう原燃料の配給統制、公定価格の設定、企業整備の実施などによって大きな打撃を受けたことを解明した。他方で、この時期の同業者組織が、代用品や軍需にかかわる新しい製品の開発、優れた伝統技術の認定と保存、燃料の節約技術の開発、トンネル窯の設置と運営など産地の存続を図るために多様な活動を展開しており、これらの活動が戦後のすみやかな復興につながる技術の改良を促進していたと論じた。