オオモリ カズヒロ
  大森 一宏
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1996/03
形態種別 学術論文
標題 両大戦間期における工業組合活動と陶磁器輸出の発展
執筆形態 単著
掲載誌名 松本貴典編『戦前期日本の貿易と組織間関係』
掲載区分国内
出版社・発行元 新評論
巻・号・頁 216-240頁
概要 両大戦間期に愛知県瀬戸地方で発展した陶磁器業と、それを支えた工業組合の活動について検討した。戦間期の瀬戸は、他産地が停滞していた1920年代にも生産額を伸ばし、名古屋に次ぐ全国2番目の生産規模を有する産地に成長した。また、瀬戸の工業組合は、製品検査、統制事業、共同販売、原燃料の供給、発明・考案の保護、新製品の研究と開発、展覧会の開催など多様な活動を通じて、産地の発展を支えていたことを明らかにした。